2021.01.04

「コロナのことがあって逆に開業への意欲は増しました!」人生は一度きり、限界を作らずにチャレンジしたい。腸活専門サロン『美香』オーナー萩谷麻美さん

インタビュー

腸活専門サロン『美香』オーナー萩谷さんの開業ストーリー

コロナ禍の2020年、特に人との接触を基本とする仕事である美容業界の中では開業を断念したという人も少なくないでしょう。そんな中、このタイミングでのサロンオープンや開業の準備をしたという前向きな活動のお話も聞こえてきます。来る2021年1月4日、腸活専門サロン『美香』をオープンする萩谷麻美さんもその一人。この秋から着々と準備を進めてきた萩谷さんの独立までのストーリーを、インタビューで振り返っていただきました。

お客様から「ありがとう」と言われるからこそ、自分の仕事に責任感を持ちたかった

「腸活専門サロン」とは言っても、萩谷さん自身は全身の美容整体からヨガインストラクター、アロマコーディネーターまで有資格者でありプロを育てるスクールも運営するプロフェッショナル。美容健康に関する知識・技術をとことん追求し続けたモチベーションは、なによりお客様からの「ありがとう」という感謝の言葉だったといいます。
「たまたま事務仕事のパートのつもりで入ったサロンで、なぜか技術研修を受けお客様に施術をすることになったんです。まさか自分が施術をするなんて考えてもいませんでしたが、実際に始めたら楽しくて、気が付いたらドハマりしてしまいました。自分がマッサージやエステに行くことは好きでたまに行っていましたが、『やる側』になって初めて、この仕事が人に心から感謝されるものなんだと知りました。お客様に直接『ありがとう』と言ってもらえるなら、もっと上手くなりたい、もっと良くしたいと自然に思うようになりました。感謝されるからこそ、仕事に責任感を持ちたかったんです。出来る施術もアロマやリフレなど自然と幅が広がっていきました」

最初は施術者になるつもりではなかったという萩谷さんですが、お話を聞いていくと実は私生活の中で、もともと健康について人一倍の意識を持っていたことがわかりました。
萩谷さんは2人のお子さんを持つお母さんでもあり、息子さんは小さなころから救急病院への出入りがしょっちゅうの虚弱体質だったとのこと。喘息のため病院で処方された7種類もの薬を飲ませていたある日、ご主人からの「そんなに薬を飲ませて大丈夫?」という言葉をきっかけに、人間の身体について考えるようになったそう。分厚い薬辞典やあらゆる本の情報などから、最終的に人間の身体を決めるのは普段の食生活であるという考えに行き着いた萩谷さん。
「白砂糖をキビ砂糖に変える、サラダ油をやめる、喘息に良いと聞いたのでレンコンをたくさん食べさせたり。息子には乾布摩擦をやらせたり、身体には馬油を使ったり、化学ではなく自然で出来る健康に良いとされるありとあらゆることを取り入れました。特に食生活を気を付けるようになってからは効果を実感できるようになりました」そうするうちにその生活方法が家族全員に定着し、今年22歳になる息子さんも滅多に病院にかかることはなく家には置き薬すら存在しないという健康家族になったそう。
家族のため身体に優しい暮らしを実践していた日々がベースにあるからこそ、人の身体を癒す仕事に自然と魅かれ、今の道へと導かれていったのかもしれませんね。

ストイックにやり過ぎる必要はない。無理せず自然に病気を防ぐ「未病」の考えがベースです

自身も10年以上病院の薬を飲んだことがなく、家族が風邪をひいたときも基本はアロエベラとマヌカハニーの手作りジュースで治すという萩谷さんなのですが、決して無理に制限したり神経質に徹底しているわけではなくあくまで自然であることがポイント。
「勤めていたことのある痩身サロンでも、ダイエットとなると過度にやりすぎる方がとても多かったんです。もちろん、美意識の高さは素晴らしいことなんですが、ストレスを感じて無理をすることが良いこととは思いません。私はお酒も大好きなので飲むときは飲むし、食べたかったらラーメンも焼肉も好きなだけ食べますよ(笑)。無理しないで、自分が自然な状態でも実践できることを続けるのが大事。食べ過ぎると調子が悪くなるなら半日断食するとか、普段から身体によいものを口にするよう心がけるとか。そうすると身体が軽くなって、自然と健康、未病につながっていくんですよ」

『不調』は病気ではないんです。方法を知って、生活の中に取り入れ実践してほしい

「今は病気ではなく『不調』を持っている人がとても多いと思います。そういった方は睡眠の質が悪いとか頭痛とか、何をしても身体がリセットされない。病院へ行っても自分にピッタリくる原因も方法も見つからないんですよね。腸をキレイにすると、生活すべてが変わります。腸内環境は口から入るもので出来ていますから、食べ方や食べるものを工夫すると、人の身体は細胞から変わることが出来るんですよ。アロマも同じで、乾燥にはローズマリー、火傷にはラベンダーなど基本を知れば普段の生活に取り入れることが出来る。サロンを通してそういった知識をたくさんの人に伝えて、健康になることや美しくなることを広めていきたいと思っています」
コロナ禍で免疫力のアップが注目され、『腸活』という言葉は健康法の中でもちょっとしたブームのようになっていますが、萩谷さんのお話を聞いていると日々の中の美容健康法というのは特別なことではない気がしてきます。たしかに、「病気ではなく不調」という言葉ははっとさせられますね。

簡単にできる腸のデトックス方法として萩谷さんのおすすめは「チャコールウォーター」だそう。チャコールウォーター(=炭水)は、炭を高熱加工して作られた真っ黒なお水。飲むと体内の取りすぎた油分、蓄積された添加物などを吸着し外へと排出してくれる働きがあるとのことで、食べ過ぎた後のリセットにおすすめだといいます。

この時期に開業を決めたタイミングについて思うこと

独立に向けて動き始めたら、仲間やファン、オアスパとの出会いがあり、今!というスイッチが入った。

「私の場合はコロナがあってむしろ将来の独立に対しての意欲が増したことと、それに向け動いたら、良い仲間に出会えたことがきっかけになっています。もともと独立願望はセラピスト5年目くらいからありました。人生1度なんだから、いつかは自分の思い描くサロン作りにチャレンジしてみたいとは思っていましたので、それが今!というスイッチが入りました。たしかに、こんな時期に!と言う声もあるかもしれませんが、私には本当に良いファンや仲間が沢山いてくれるので、正直不安というより楽しみの方が大きいですね。オアスパさんと出会えたのも大きなきっかけです。何年か前からサロンを出すなら街並みと雰囲気が好きな麻布十番で、と決めていたのでオアスパの麻布十番の店舗を選びました。スタッフの皆さんが優しく色々アドバイスをくださったのも心強かったですし、今も甘えて色々相談に乗ってもらってますし(笑)正直不安がゼロか?と言われるとそうではありませんが、チャレンジする事でまた大きな成長があると思いますので自分で限界を作らないようにしています」

終わった後に自分も癒されるような、心地よい空間を作りたい

萩谷さんの施術者としてのモットーは「気持ちよくなる」施術を行うこと。「気持ちよい」という言葉は単に施術が気持ちいいということではなく、施術者もお客様も「よい気持ち」を感じられることが大切なのだそう。
「セラピストはお客様に直接触れる仕事なので、悪い気をもらわない・そしてお客様にも悪い気を渡さないことが大事だと思います。私自身も、好きなサロンや指名をするセラピストさんはうまいかどうかよりも心地のよさ、気持ちの良い空間を作ってくれる方であるかというフィーリングが大切だと思っています。例えば新人さんでも、気持ちが入っているセラピストはすぐに指名が取れるんです。終わった後に自分自身も癒される心地よい空間を作ることが出来れば、お客様も同じように感じてくれるんです」

家族やお客様を想う心がベースとなった萩谷さんのセラピストとしての真剣さ、そしてプロフェッショナルとしての確かな知識と経験が積み重なり訪れた開業のタイミング。このコロナ禍の東京で、想いの詰まった素晴らしいサロンが誕生することは、沢山の美容人の励みとなることは間違いありません。

『美香』公式WEBサイト
麻布十番通り店の情報はこちら





この記事をシェアする!

RELATE TOPICS関連記事

  • 2020.12.04

    美容サービス業専門コンサルティング【Bacchus Japan】橘えりこ代表が語る、プロ意識の原点

    インタビュー

  • 2021.01.08

    佐伯チズ先生から学んだことは「本質を見極める力」。直営サロンを引き継いだ直弟子・ビューティシャン平山泰…

    インタビュー

RECOMMENDおすすめ記事

  • 2021.05.19

    「まずはトライできる環境を」スタート期間のリスクを最小限にする【売上連動型室料】導入のお知らせ

    お知らせシェアサロン開業

  • 2021.04.28

    次世代型の独立開業『ワークインライフ』を考える

    シェアサロン開業美容業界コラム

  • 2021.04.23

    5月の説明会情報

    イベント・セミナー

WHAT'S NEW新着記事

  • 2021.04.28

    次世代型の独立開業『ワークインライフ』を考える

    シェアサロン開業美容業界コラム

  • 2021.04.23

    5月の説明会情報

    イベント・セミナー

  • 2021.03.31

    【2021年4月NEWセミナー情報】マンションサロンでお悩みを抱えるオーナー様、看板の出せるサロンへ移…

    イベント・セミナーシェアサロン開業