2022.11.12

女性がチャンスを掴める美容業界にするために|飯牟禮由花(オアスパ統括)特別インタビュー前編

インタビュー美容業界コラム

20代でネイルサロンを開業し、ネイルスクール講師、大手有名ネイルサロン本店店長、開業コンサルタント等フリーランス活動期間を経て、シェアサロン運営事業(オアシスリゾートスパ)を取り仕切る飯牟禮由花(いいむれゆか) 統括。独立開業を志す利用者の目線で作られたシェアサロンサービスの魅力や、コロナ禍を乗り越えたサロンオーナー様の事例など、美容業界のあれこれについてお話を聞きました。

前編は、飯牟禮統括がシェアサロンプロジェクト発足に関わるに至った経緯です。自身の経歴を振り返りながらお話していただきました。

サロン開業、ネイルスクール講師を経て、シェアサロン運営に関わるまでの道のりとは…

まだネイルサロンが街に数軒しかないという時代に、ネイリストとして自宅近くに格安物件を借りサロンを開業したのがキャリアのスタートになります。当時は宮崎県に住んでいました。元々「ネイルという世界から新しい価値を生み出すこと」と「教えること」に興味があったので、自分のサロンワークと並行して東京で開催される大会に出場したり、ネイルスクール講師を掛け持ちしたりしていました。だんだんと仕事が多忙を極め、体調を崩してお休みをとることになったのですが、ある意味、手に職を持っていたので、休むという決断が出来たのは大きかったと思います。これは後々にも通じることなのですが、何かをきっかけにキャリアから離れても、ネイリストであるということが、私には自由な選択肢があるという絶対的な自信に繋がっていた気がします。

自身の経験をもとに開業コンサルタントとして活躍

その後、ご縁があって「開業アドバイスをしてほしい」というご依頼をいただいて、なんと宮崎から札幌に拠点を移すことになりました。具体的には、当時はまだ今ほど一般的ではなかったブログでの発信に興味を持っていただいた方から依頼をいただいて、脱毛サロン内にネイルサロンをオープンするというプロジェクトでした。この件を皮切りに、サロンをオープンしたい企業や個人に向けて、開業やキャリアのサポートをするアドバイザーとして本格的に発信・活動するようになります。余談ですが、より皆様のお役に立ちたいと思い、厚労省認定のキャリアカウンセラーという国家資格も、後に取得しました。

ブログでの情報発信が次の縁に繋がる

開業アドバイザーとして活動していた時に、大きなプロジェクトになったのが大手専門学校のネイル学科の立ち上げでした。この仕事も、ブログがきっかけのご縁でした。学科立ち上げを実現したタイミングで、この専門学校の系列会社になるネイルサロングループの運営に力を貸してほしいと声をかけていただき、今度は札幌から東京に拠点を移してスクール併設の大きなネイルサロンで働くことに。こうしてネイリスト、スクール講師、サロン開業コンサルタントと仕事の幅が広がっていきました。

思えばどんな仕事をしている間も、何か新しいことがやりたいと常に思っていたので、自分なりにアンテナを張り情報収集したり発信したりを続けてきました。その結果、関わる方々が増えていき、そこからさらにご縁が繋がり続けて場所に捉われることなく仕事のチャンスが舞い込んだといえます。

女性が働き続けられる環境の実現に向けて

東京での仕事は、より経営を意識しながら、仕組みや制度作りに奔走しました。私がお仕事させていただいたのは業界でも知名度の高いネイルサロンやスクールだったので、スタッフの募集には困らなかったのですが、数年にわたって会社に定着してくれる人材が少ないのがどこの現場でも課題でした。裏を返せば、営業体制、技術レベルの可視化や待遇など、組織として改善しなければならないことが沢山あったのです。そしてこの時、女性が多い職場特有の問題を突き付けられることになります。結婚、出産、育児のタイミングで優秀なスタッフが仕事を離れるということです。それも、店長やマネージャークラスに育った優秀な人材がまさにその年代であるという事実…彼女たちが職場復帰する体制や仕組みがないのはもったいないことですし、更に手に職を持った彼女たちならば独立・開業という道も自由に選べるということを知ってほしいと思いました。

様々なお仕事を掛け持ちしていた頃、自分自身も妊娠を機に仕事から離れることになって、より女性の働く選択肢について考えを深めるようになりました。時を同じくして、元々リラクゼーションサロンとしての運営に関わっていた現在の「OASIS RESORT SPA渋谷表参道本店」でサロン店舗を間貸しするサポートを始めることになり、これをきっかけにシェアサロン運営を行うプロジェクトを本格的に発足することになりました。これが今のオアシスリゾートスパになります。

前置きが長くなりましたが、私自身がネイリストで、独立開業そしてフリーランサーの経験者であり、そしてその中で美容業界で働く様々な立場の方々と関わってきた経験があるため、今美容業界に何が求められているかを知っていたのは大きかったと思います。次回は、オアスパの特長にも通じるシェアサロンの役割についてお話したいと思います。

・本記事内の役職や数値情報等は、取材当時(2022年11月)のものになります。

この記事をシェアする!

RELATE TOPICS関連記事

  • 2021.10.04

    withコロナ時代を生き抜くサロンになるには?大型施設内サロン運営会社のノウハウを学べるセミナー

    イベント・セミナーサロン運営ノウハウ美容業界コラム

  • 2020.10.30

    フリーランスになったら、どこから情報収集すればいい?

    シェアサロン開業美容業界コラム

  • 2022.01.26

    【独立開業STORY】整体サロン/川崎毅さん(55歳)

    シェアサロン開業インタビュー美容業界コラム

RECOMMENDおすすめ記事

  • 2022.11.19

    【2022年12月最新】アフターコロナの独立開業│初チャレンジするなら「シェア開業」で!

    シェアサロン開業サロン運営ノウハウ

  • 2022.11.12

    女性がチャンスを掴める美容業界にするために|飯牟禮由花(オアスパ統括)特別インタビュー前編

    インタビュー美容業界コラム

  • 2022.10.29

    【オアスパ交流会レポート】サロンオーナーが集まる交流会で飛び出した「開業後のリアルなお悩み」とは・・・

    イベント・セミナーサロン運営ノウハウ

WHAT'S NEW新着記事

  • 2022.11.19

    【2022年12月最新】アフターコロナの独立開業│初チャレンジするなら「シェア開業」で!

    シェアサロン開業サロン運営ノウハウ

  • 2022.11.12

    女性がチャンスを掴める美容業界にするために|飯牟禮由花(オアスパ統括)特別インタビュー前編

    インタビュー美容業界コラム

  • 2022.10.29

    【オアスパ交流会レポート】サロンオーナーが集まる交流会で飛び出した「開業後のリアルなお悩み」とは・・・

    イベント・セミナーサロン運営ノウハウ